パク・ギウン除隊。3月放送開始のドラマに出演確定。

By KdramaStars記者 | Feb 10, 2016 02:56 AM JST

俳優のパク・ギウンが1年7か月の軍務期間を終え除隊。すでに3月から放送のドラマに出演を決めている。

7日午前、パク・ギウンがソウル江北(カンブク)区802戦闘警察隊で開かれた除隊式に参加した。この日の除隊式には韓国内のファンのほか、中国、日本からもファンが駆けつけて、除隊式に華を添えた。

パク・ギウンは「母の日に入隊して、新年の祝日に除隊することになった」と口を開いた。続いて「このように忘れずにいてくれて感謝している」とし「本物の演技がしたかった。だから、次回作も早く決めた。熱心に準備している」と力強く所感を明らかにした。

パク・ギウンは、2年間の軍生活をしながら、雪かきが最も大変だったと話した。パク・ギウンは「義務警察なので、雪かきはしないだろうと思ったのに、雪かきに苦労した」とし「部隊はソウルだが、海抜300mほどのところに位置しているので雪がたくさんふった。広報ではなく鎮圧中隊にいた。現場に出た時、多くの人たちに見られるのが慣れなかった」と軍隊生活の感想を述べた。

パク・ギウンは、今後の活動についての質問に「ご存じのように(ドラマの)『怪物』の撮影にすぐに入る予定だ。『怪物』の演出を引き受けたチュ・ソンウPDと2010年から縁があった。良い演技で皆さんとお会いしたい」とこれからの活動計画について明らかにした。

2014年5月、義務警察に入隊した彼は、1年7カ月の軍服務を終えた。パク・ギウンは、2012年のドラマ『仮面』で強烈な悪役で注目を集め、特に入隊前、映画『シークレットミッション』を介してスクリーンでも注目された。

パク・ギウンは除隊とともにMBCドラマ『怪物』への出演が決まった。パク・ギウンは劇中でドドグループの会長の妾から生まれた末っ子ト・ゴヌ役を担当し、カン・ジファンと対立することになる。『怪物』は世の中の不条理に立ち向かっていく男性の復讐を描いたドラマで『華やかな誘惑』の後番組として、韓国で3月から放送がスタートする

パク・ギウンは、除隊と同時に、新しい作品に入るほど演技に対する情熱を表わした。国の義務を終えたパク・ギウンがどのような演技でファンの期待を満たすか期待を集めている。

© 2015 KDramaStars.com All right reserved.

会話に参加する

Copyright © 2017 kdramastars.com All rights reserved.

kdramastars

Real Time Analytics