キム・ソンリョン、『ミセス・コップ2』にキャスティング。シーズン制ドラマの新しいヒロインに。

By KdramaStars記者 | Jan 06, 2016 02:58 PM JST

キム・ヒエ主演で放送され、人気を得た『ミセス・コップ』がシーズン制ドラマになって再登場。新しいヒロインに、『野王』や『女王の花』で「第二の全盛期」を得ているキム・ソンリョンがキャスティングされた。

『ミセス・コップ』は、2015年8月にSBSで放送されたミニシリーズ。キム・ヒエが『仕事は100点、ママは0点』の強行犯係のチーム長であるシングルマザーの刑事を演じたドラマ。キム・ヒエの体当たりの演技が話題になり、人気を得た。

『ミセス・コップ2』はSBS地上波では初となるシーズン制ドラマとして再スタート。海外ドラマや映画の007シリーズのように全体のフォーマットと大まかなストーリーを維持しながら新しい人物を介してシリーズを形成していくという。

キム・ソンリョンのキャスティングに関して制作側は「キム・ソンリョンは2014年の映画『標的』で刑事役を演じ視聴者に深い共感を与えていることもあり『ミセス・コップ2』のヒロイン、ユンジョン役に最適の俳優である。また30~40代の男性から最も魅力的な女優といわれ、女性からも『歳をとるほど、より美しくなる代表的な女性』という評価を聞いているだけに、活発でありながら魅力的で美しい女性刑事を作り上げていくと確信している」とコメントしている。

『ミセス・コップ2』は、現在放送中の『恋人がいます』の後続として3月5日から土・日曜日の夜9時55分に韓国SBSで放送される。

© 2015 KDramaStars.com All right reserved.

会話に参加する

Copyright © 2017 kdramastars.com All rights reserved.

kdramastars

Real Time Analytics