イ・ミンホ主演の19禁「江南1970」がボックスオフィス1位に ”チケットパワーを証明”

By KdramaStars記者 | Jan 31, 2015 01:19 PM JST

俳優イ・ミンホの初スクリーンデビュー作『江南(カンナム)1970』が観客140万人を突破した。

31日、映画振興委員会入場券統合ネットワークによると、映画『江南1970』(監督ユ・ハ)は先月30日の1日に韓国全国740か所の映画館で8万8238人の観客を動員し、ボックスオフィス1位に上がった。累積観客数は145万3853となった。

イ・ミンホ主演の19禁「江南1970」がボックスオフィス1位に ”チケットパワーを証明”
(写真 : ショーボックスメディアフレックス)

先日21日に公開されてからずっと先頭を走ってきた『江南1970』は、「青少年観覧不可」制限にもかかわらず人々の間で口ゴミで映画の評判が伝えられ、その低力を見せている。

同映画は、韓国で富の象徴として浮上した江南の開発が始まった1970年代初頭を背景に、江南の地を巡る利権争いに飛び込んだ2人の若者が土地と金という江南が見せる蜃気楼のような欲望を追う過程で繰り広げられる義理と裏切りの物語。俳優イ・ミンホ、キム・レウォン、チョン・ジニョンの好演が目立つ。

特にイ・ミンホは同映画でこれまで見せてきた貴公子のイメージを脱却、1970年代の険しい男の姿に完ぺきに扮し、優れた演技力を披露しながら観客の注目を集めている。

© 2015 KDramaStars.com All right reserved.

会話に参加する

Copyright © 2017 kdramastars.com All rights reserved.

kdramastars

Real Time Analytics